もうリバウンドしたくない!リバウンドの原因と防止法

ダイエットしたことかある方のほとんどが、リバウンドを経験しています。
リバウンドとは、ダイエット後に体重が元に戻ったり、ダイエット前の体重になってしまうことを言います。
原因としてはいろいろあります。
単純に言えば、体重を減らそうと運動を続けていて、理想の数字になった時に、運動をやめてしまう。
その後、食事の量をそのまま食べていると当然リバウンドがおきます。
また、食事制限でダイエットをしていた場合、食事量が元に戻ると、体重も比例して元に戻ることになります。
痩せた、その体重を維持していくためには、ある程度の我慢をしなくてはならないとされています。
しかし、それができないのはなぜでしょうか?
ここで食事制限によるリバウンドの仕組みをみてみましょう。
例えば、食事制限ダイエットの場合、停滞期があります。
順調な体重減少のあとに、全く体重が減らない時です。
その時に体内では、ホメオスタシスが機能します。
これは、ダイエットによって入ってくるエネルギーが減ってしまう事で、消費エネルギーをもブレーキをかけてしまうことです。
自らの消費エネルギーを減少させてしまう事で、ダイエットを諦めた途端にリバウンドが始まってしまうのです。
この機能は、なかなか元に戻らないとされています。
食事制限のダイエットは、この機能があるので、一時的な体重減少しか可能ではないとされています。
また、レプチンの存在もリバウンドには大きく関係してくるとされています。
食事の量を減らすと、レプチンも減ってしまいます。
これは満腹感を感じるセンサーの働きをします。
その量が減ることで、食べても満腹にならない状態が続くことになります。
食事制限でダイエットをした場合、レプチンの働きが正常ではなくなり、つい食べすぎの状態が続き、リバウンドしてしまう結果になります。
ということは、食事制限によるダイエットは、その後のメンテナンスも大切だということになります。
痩せたからすぐに食事制限をやめるのではなく、長期間続けることで、体内機能がダイエット仕様になるということです。

リバウンドをしてしまうのはいつもという方も多いでしょう。
ダイエットに付き物とされているリバウンドですが、間違ったダイエットをしてしまうことで、繰り返されると言われています。
食べないダイエット、食事制限はあまり効果的ではないというのは、リバウンドの可能性が大きいからです。
食事制限をするのなら、運動も取り入れることで効果的な体重減少ができます。
リバウンドも比較的少なくできるとされています。
体重を減少させるのは、食べないからではなく、消費してしまう事で実現すると思いましょう。
要するに、食べた分だけ動くと言った発想です。
毎日食べるものの中で、体に必要なカロリー以上のものを口にしていることが多いです。
それがそのまま肥満につながっています。
そして、食事制限のダイエットを始めると、どんどんと体重減少はしますが、体がカロリー制限を行っていることで、消費も軽減させてしまうと言われています。
その時に運動をすることで、より消費エネルギーが高くなると考えられ、ダイエットも進みます。
この時に、空腹はあるものの、ダイエットとはこんなものだと食事制限と運動のセットを続けることで、より理想的なダイエットができます。
ただ、注意点として、食事制限と言っても、栄養バランスはかならず保つこと、基礎代謝以下のエネルギーにしないことです。
特に、食事制限だからといって、単品だけを食べるものは、かならずと言っても良いほどリバウンドの対象になります。
最低限必要な栄養は摂った上での食事制限をおすすめします。
その上で、運動をすることで、筋肉を動かすことができ、基礎代謝を上げ、それ以上のエネルギー消耗で、リバウンドなどのダイエットが成功します。
そして、理想体重になったとしても、すぐに食べすぎないこと。
できれば、その食事制限のエネルギーを保ち続けることで、ダイエット後の体重維持をすることをおすすめします。
正しいダイエットを身につける事で、リバウンドなし、ストレスなしの体重減少を目指しましょう。